還元くん2と3の違いってなに?

還元くん2と3があるけど、これって何が違うのかご説明いたします。

ボトルは同じです。
ですが、3には「起電シート」というものがついています。

違いはたったこれだけです♪

 

起電シートです↓

 

ではこの「起電シート」ってなんでしょうか?

 

起電シートは還元くんが起動しやすいようにつけられたものなんですね♪

 

還元くんは初回は24時間お茶を入れて、ボトルを起動させます。

2回目からは12時間(かそれ以下の時間)で水素茶が作れるようになります。

 

これは、還元くんが「記憶する」ボトルだからなんですね(#^^#)

 

つまり、初回がとても大事!

ということなのです。

 

と言っても、お茶の温度に気をつけて、適温の部屋において、時間を守ってやれば難しいことはありません。

 

でも、最初はほんとに水素が発生している(還元電位が下がっている)かどうか、自信がないものです。

私も最初はほんとにできているのか心配でしたよ。

 

きっとそういう方が多いんでしょうね(^-^;

 

だから、起電シートなるものを作って、初回から失敗なく作れるようにしたわけです。

起電シートはボトルの中に入れておくだけです。

不思議なシートですよね。

 

 

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。