• 還元くん3の効果や使い方を、体験からバッチリ紹介
  • HOME
  • 還元くん3の効果や使い方を、体験からバッチリ紹介

還元くん3は、お茶の葉っぱのポリフェノールから水素を発生させるボトル。

水素茶(還元茶)がいともカンタンにできるという不思議ボトルなのです♪

 

 

陶器でできたボトルで、一見普通に見えるのですが、実は秘密があるのです。

普通の陶器の容器では水素を発生させることはできないですから!

 

【使い方】

1 人肌(36度前後)に温めたお茶をボトルの中に入れる

2 初回は24時間、2回目からは12時間くらいで水素の発生した還元茶が完成!

3 出来上がったらガラスなどの容器に移し替えて冷蔵庫へ

4 毎日沢山飲む!

 

以上です。

 

還元くんは記憶することができるボトルなので、初回24時間お茶を入れておくことで、次回から短時間で水素を発生させることができるんですね!

 

言ってみれば、初回はボトルを起動させるために24時間が必要なのです。

 

24時間経ったお茶は捨てても飲んでも。
ただ、長時間経っているので夏などは捨てた方がいいかも。

2回目からは12時間というのが標準ですが、実際は5,6時間もすれば還元電位が下がっています。

このあたりは季節要因も強く、夏は早くできますよ。

 

お茶なら何でもいいの?

還元くん3に入れるのはお茶ですが、葉っぱによって水素を発生しやすい、しにくいがあります。

例えばルイボス茶は発生しにくい、ほうじ茶は人によってOKだったりNGだったり。

粉茶は使わないほうがいいですね。

 

 

そこで・・・!!

 

誰がやってもほとんど成功する「おーいお茶」を最初は使うことがお勧めなのです♪

これです♪どこにでも売っているペットボトルのお茶です~。

え?こんなんでいいの?って思いますよね。

 

いいんです!!

 

というか、伊藤園のおーいお茶、ほんとカンタンに水素茶(還元茶)ができます。
ビックリするほどいい数値が出ます。

私も最初はおーいお茶を使いました。

というか、今でもおーいお茶です(笑)カンタンだから。

 

水素が発生しているか(還元電位が下がっているか)は、見ているだけじゃわかりません。
正確に知るには溶存水素系か還元電位計を使う必要があります。

お茶を入れるだけですが、最初はうまくいかないこともあるのです(´;ω;`)

 

還元くん3は